株式会社ブライズワード

Bridesword Recruiting

Menu

新卒採用
エントリー

キャリア
アルバイト
採用エントリー

太田 恭子 Kyoko Ota

2015年新卒入社
衣裳部門 ドレスコーディネーター

Work Style

仕事のやりがい 新婦様からの「ありがとう」の言葉に、
元気をもらっています

衣裳部門 杉本彩

服飾関係に興味があり、就職活動をしました。その中で普段着るものとは違う特別感があり、しかしハイブランドとも違うスペシャル感を持ったウエディングドレスに惹かれました。「一生に一度しか着ることのない人の記憶に残る服」という点に魅力を感じたのです。そうしていくつかドレスメーカーを見る中でブライズワードに入社を決めたのは、ブライズワードは自社でオリジナルドレスを開発していて、そのデザインを「好き」と思えたから。ここのドレスなら、自信を持ってお客様に提案できると思ったのです。

現在はアルモニーヴィラのドレスサロンに勤務し、これから式を迎える新郎新婦様やご両親に衣裳のご提案をしています。また衣裳のメンテナンスや手配なども私たちの仕事。まだ経験が浅い私は失敗したり、悩んだりする日もありますが、もともと人と話すのが好きなので、接客しながらお客様から元気をもらっています。時には新婦様から「この衣裳にして良かった」と言われたり、式後にお手紙をいただいたりすることも。とても嬉しくて「私がこのドレスを提案していなかったら、新婦様とドレスの出会いはなかったのかもしれない」と思うと、お客様一人ひとりにたくさんの時間を費やして良かったと思えますし、またお客様が求める価値をご提供できたとやりがいを感じます。

思い出に残るできごと お客様の要望をカタチに…
ヘッドドレスを自作しました

衣裳部門 杉本彩

私が感じるブライズワードのもうひとつ魅力は、私たちの声がオリジナルドレスの開発に反映され、実際にドレスデザインさせてもらえる機会にも恵まれていることです。私もヘッドドレスを自作しました。数名のお客様から「頭にリボンをつけたい」というご要望がありましたが、あいにく私たちが用意した中には、お気に召すものがなくて…。次に同じようなリクエストをいただいた際に対応できるようにと、古くなったドレスの端切れを使って自分で縫ってみたのです。店長から「これは販売できそうだね」と言われ、私が作ったヘッドドレスを新婦様に選んでもらえる日も遠い夢ではなくなりました。

こうした経験を重ね、もっとウエディングドレスが好きになり、衣裳部の仕事に魅力を感じている今、めざしているのは先輩たちに負けない活躍です。経験は浅くとも、それを補うような積極的な姿勢で仕事に取り組み、お客様からも、スタッフからも信頼される人になりたいです。ブライズワードは若い人にも仕事を任せてくれる会社です。自分で考え、行動させてくれる環境は私にとってはとても働きやすく、日々成長を実感しています。

Time Schedule

  1. 9:30

    出社

  2. 9:45

    掃除 メールチェック

  3. 10:00

    衣裳の発送準備
    クリーニング出しの作業

    衣裳の発送準備・クリーニング出しの作業
  4. 10:30

    朝礼

  5. 13:30

    ランチタイム

  6. 14:00

    衣裳のメンテナンス作業 事務処理

    衣裳のメンテナンス作業
  7. 15:30

    配送の戻り分を処理

  8. 16:30

    前撮り衣裳のチェック
    翌日以降の衣裳の搬入・搬出

  9. 17:15

    メールチェック

  10. 17:30

    退社

  1. 9:00

    出社

  2. 9:30

    掃除 メールチェック

  3. 10:00

    接客

    接客
  4. 12:30

    ランチタイム

  5. 13:30

    お色直し後の衣裳の搬入・搬出

  6. 14:00

    スタッフと業務について相談・アドバイス

    お色直し後の衣裳の搬入・搬出
  7. 15:00

    接客

  8. 17:30

    接客処理
    メールチェック

  9. 19:00

    翌日以降の接客のためのドレス手配

  10. 19:30

    式で使用した衣裳の搬出
    明日の式で使用する衣裳の搬入

  11. 20:00

    退社

Dress衣裳部門

  • ドレスコーディネーター 太田